各ネットビジネスのメリットとデメリットのカテゴリ記事一覧

このブログを見れば騙されない思考を身につけることができ、自分でいい情報をチョイスして稼げるようになります。

  • ホーム
  • »
  • 各ネットビジネスのメリットとデメリット

カテゴリ:各ネットビジネスのメリットとデメリット

各ネットビジネスのメリットとデメリットのカテゴリ記事一覧。このブログを見れば騙されない思考を身につけることができ、自分でいい情報をチョイスして稼げるようになります。

各ネットビジネスのメリットとデメリット
今回はアフィリエイトについてです。アフィリエイトという言葉を聞いたことのない人はいないのではないでしょうか?それくらいもはやメジャーな副業、ビジネスモデルになりました。こんかいはそんな”アフィリエイト”について解説していきますね(*´∀`*)アフィリエイトってナニ?それじゃあアフィリエイトとはなに?と申しますとずはり「提携」という意味になります。あくまで直訳に近い言葉ではありますが概ねニュアンス的にはあっ...

記事を読む

各ネットビジネスのメリットとデメリット
今回は、情報商材や無料オファーで非常に多いバイナリーオプションについて説明しますね。バイナリーオプションを説明する前に、まずはこちらを読んでFXの基本的な理解をしておいてくださいね!密接に関係していますのでねFX投資についての詳細はコチラ*****************************さて、バイナリーオプションですが、簡単にいうと、FXが為替の相場の上下により利ざやを狙うビジネスなのに対して、...

記事を読む

各ネットビジネスのメリットとデメリット
今回は物販ビジネスについて説明しますね。物販ビジネスとは?物販という分野は大昔からある商売の基本中の基本ですね。「安く買って高く売る」ですからね。今後もこの分野が寂れたりなくなったりする心配はないでしょう。この分野を極めていけば時代の流れに大きく左右することもなく本当に稼ぐ力を身に着けたといえるでしょうね。まず注意点です。ここでは本来、完全なオフラインでの物販ではなく(あなたが問屋さんから仕入れて...

記事を読む

各ネットビジネスのメリットとデメリット
あなたは仮想通貨という言葉を最近ニュースや新聞、雑誌などのメディアでよく耳にしませんか?その仮想通貨、なんとなくは知ってるけど・・・でも一体何じゃラホイ??という人が実はほとんどなんじゃないでしょうか? ご存じの方もいると思いますがこの仮想通貨、単なる便利な通貨としてではなく今巷では投資対象として脚光を浴びているんです。さて、2017年は仮想通貨元年と言われています。そしていままでは投資というと、...

記事を読む

各ネットビジネスのメリットとデメリット
FXってもちろんご存知ですよね?このブログに辿り着いている時点で私はあなたを勝手に、ファイナンシャルリテラシーの高い方だと思っています。ですから、FX??なんぞ、ソレナンゾ!!!とテンパってしまうような方はおられないと思いますので簡単に説明できればと思いますね。そもそもFXに限らず、日本でも副業やサイドビジネス、といったものが世間的にも認知され始めたのはごく最近ですね。興味や関心のある若者が増え、非常に様...

記事を読む

アフィリエイトについて



今回はアフィリエイトについてです。

アフィリエイトという言葉を聞いたことのない人はいないのではないでしょうか?

それくらいもはやメジャーな副業、ビジネスモデルになりました。


こんかいはそんな”アフィリエイト”について解説していきますね(*´∀`*)


アフィリエイトってナニ?



それじゃあアフィリエイトとはなに?

と申しますと

ずはり

「提携」

という意味になります。





あくまで直訳に近い言葉ではありますが

概ねニュアンス的にはあっていますね。


何かを売りたい人(法人含)のその売りたい商品を

その人に代わって売り込み

売れたら販売者から決められた報酬が支払われるという内容のモデル
になります。



そしてアフィリエイトをしている方々のことを

アフィリエイター』と呼びますね。



なんと言うか『成果報酬型』ネット中心の販売特化型のセールスマンといったところでしょうか。




借りにアフィリエイターが3万円の商材を売った場合

半分の15000円とかがもらえることになります。
(例ですよ?)



アフィリエイトの種類について



アフィリエイトのシステムはカンタンですので

ご理解いただけたと思います。


さて、それではアフィリエイトというビズネスを具体的に見ていきましょう

アフィリエイトと言っても幾つかの分類が可能です
※人によっては分類は異なるかもしれません。まあくんが独自で分類したものです。


①自己アフィエイト



言葉の通り、第三者の購入だけではなく

アフィリエイター自らの購入も認めますよ、ちゃんと報酬は支払いますよ

というもの。


通常のアフィリエイト商材は特記がない限り、自己アフィリエイトを禁じています。

認めていたら単なる大幅値引きになってしまいますしね。

中でも購入しなくてもいいもの、資料請求するだけ、カードを作るだけ

それだけで数千円稼げてしまうものもあり

そういったものを効率的に集め、申し込んでいくような手法を主のことをいいます。



もちろん自己アフィリが出来る商材は有限であり稼ぎ続けることは出来ませんが

初期投資資金として10万円くらいを稼ぐことは可能です。

②情報商材アフィリエイト



有料の情報商材や、無料オファーと言われるお金の掛からない情報を仲介した際に

報酬が支払われるタイプです。

ネットビジネス界では通常アフィリエイトというと

これを指すことが多いです。

数十万の高額塾もあれば、メールアドレスの登録だけで報酬発生するものまであります

③物販系のアフィリエイト



こちらはAmazonや楽天などの超大手のECサイトの非常に多くの商品が対象となっており

さらにはA8.netというASPであつかう全商材が対象となり

商品が飽和することは考えづらいです。

その代わり、商品選定が非常に重要になってきます。



以上の3つに大別できます

そこからさらに、どのような媒体を使っていくのかで

大きく内容が異なってきます。



具体的にはこんな感じでしょうか


1.ブログ

ワードプレスやFC2ブログといった、商用利用が認められた場所で商材を扱います

ブログ選定で失敗すると、ある日突然登録抹消なんてことにもなりかねません。

2.メルマガ

自身の集めたリストに向けて、様々な情報をメールで発信し、

その中にアフィリエイトリンクを貼り、成約を目指します。

リストの濃さや、ライティング力、筆者の魅力などで売上が格段に変わります

アフィリエイターとして莫大なお金を稼いでいる人はこの手法の方がほとんどですね

ex 与沢翼氏、小玉歩氏、七星明氏、川島和正氏などが非常に有名ですね

3.SNS

SNSとはFacebookやTwitter、インスタグラムなどです。

こういったSNSで、自身の発信する情報が多くの人に見てもらえる立場にあるのなら

非常に楽に収益に結びつけることが可能です。

4.PPC

PPCとは”クリック課金型広告”のことでして、リスティング広告なども今回は含みますのであしからず。

売りたい商品のランディングページを作成し、見て欲しい検索キーワードでPPCの広告をかけます

そしてあなたの広告を見て購入した人がいたら報酬発生となります。



リスクの殆ど無いアフィリエイトの中で唯一赤字になるリスクが存在しますが
(クリックだけして購入しない人がほとんどですからね)

やり方次第では実績がない人でも即金を得られる可能性があります。

そして、まめに更新しなくてもいいというところも魅力ですね





さらにはそれらの媒体をどのように構築してくかで

より細かい分類分けが可能であり

この細かい分類が違うとやり方が全く別物になってしまうため注意が必要です。



更に細かく分類してみましょう



その媒体をどのように運営していくかというもの

a.ツール

いわゆるツールで全自動、もしくはルーチン箇所を任せることによって作業を圧倒的に軽量化するもの

とっても優良なものですらやはり人力で作成したものには勝てないため、使い方にはひと工夫必要ですが

使い方次第では圧倒的に楽になります

b.量産

一昔前に流行りました

サブブログをたくさん(数百レベル)で作成し

相互リンクを行うことによって外部リンク数を増やし

SEO効果を狙うと言ったもの

いまでは下手にやってしまうとスパム扱いされ

検索から弾かれてしまうリスクがあります

c.パワー系

人の力で、真面目に、丁寧に媒体を育てていくというもの

1つのサイトを育てていくので時間はかかりますが、

アクセスが集まるようになれば高い効果を維持できます



以上がカンタンな分類分けです。

当然更に細かく分けていくことも可能です。
(ブログ一つとってもいくつもあります)

でも、今回は意味がありませんのでここでやめときます



どれがあなたにとってやりやすそうだ、面白そうだと思いましたか?


やり方と努力次第でどれを選んでもお金は稼げます

もちろん、何を選ぶかによる不利有利は存在しますが

面白そうという気持ちがとっても大事だと経験から私は考えてますので

否定はしません。



そもそもどれでもやり方は同じでしょ?

なんて言葉も聞こえてきますが

そんなことないんです。

本質は同じですが、稼ぎ方は大きく異なるんです




ようはそれぞれが全て密接に関わっているものの

隣同士だからといって同じ手法がそのまま使えるかというと

それがとっても難しい、といったビジネスなんですね



今からアフィリエイトのメリット、デメリットを具体的に見ていきますが

それぞれの分類ごとのものは書きません。

主に一般的(と思われる)、情報商材アフィリエイトに焦点を当てたいと考えてますので

ご了承くださいね



アフィリエイトのメリットは?





メリットが非常に多いのがこのアフィリエイトです

主なメリットを上げてみますね

・初期費用がほとんど(全く)かからない

・在庫が必要ない

・実績が上がるほど報酬単価も上がっていく積み上げ型

・商品数の多さ

・場所、時間を選ばず仕事ができる

・ある程度のアクセスまできたら収入の半自動化が図れる(自動化ではない)

・利益率の高さ



アフィリエイトのデメリットは?





・利益を出すまでに時間がかかる(即金性がない)

・記事を書き続けなくてはならない

・商品の販売終了リスク

・ライティング力が必要

・モチベーションの維持






このように、とっても魅力的なビジネスモデルであるアフィリエイト

当然人気があり、どの分野を選んでも

カンタンに

誰でも

短時間で


稼げるものなんてありません




サラリーマンのほうがある意味楽だと言えなくもないですよ

アフィリエイトは楽そうだから、と思って参入して

90%以上の人が時間だけ浪費して消えていく

こんなことが日常茶飯事に起きています

そんなレベルの人は最初から本職に関する資格でも取って

月1万円の資格手当を目指したほうがいいです

覚悟が足りません



まあ、昨今の情報商材や無料オファーのセールスレターが大きな要因なのは認めます


簡単に稼げるんだと思っちゃいますよね、あんな内容じゃ。


それでも正しいノウハウで

死ぬ気の努力と

絶対に必要な労働量(時間)



これらを確保できるんであれば

絶対に稼ぐことが出来ますので

初めてインターネットビジネスに取り組まれる方は

真っ先にやってみてもいいかもしれません

(もちろんかんたんに稼げるものではないですが)



おすすめのアフィリエイトは?



独断と偏見であることをまずはご理解くださいね

だって、状況や能力によって何をすすめるかは変わってきますからね


こういった世界で勝負してみたいと考えている人で

一番多いのが働き盛りのサラリーマン、妻子ありで仕事がきついがやめられない

そんな人だと仮定します。

そのうえでのまあくんの考え


今は働いているということで、即金性は拘る必要はないですよね

そして、お金がそれほど切迫しているわけではない

そんな状況が多いんではないでしょうか


ズバリ、物販系のPPCアフィリエイト

ひとつのランディングページを力を入れて作り込めば

商品がなくなるまで自動で収入を得てくれますし

お金をかければかけるほど有利な条件を作れる分野
なので

やりやすいのではないでしょうか?



もちろん、くどいようですが、簡単に稼げるはずはありませんし

時間のない中でも、死ぬ気でページを作り込んでいかなくてはいけません。



正しいノウハウも必要です。


よほどの覚悟がないと成功はできないですよ



本職よりも楽そうだからとか思っていたら

失敗して広告費だけ無くなって撤退

というのが目に見えています。




極論、交互がある人ならどれを選んでもそう痛い目を見ずにすむんですが

PPCアフィリエイトならより一層やりやすいのかなと思います。



まあくんのもとにはアフィリエイトでもホンモノの情報がいくつか入ってきています。

もし覚悟ができたのならいつでもメッセージを下さいね
----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?



バイナリーオプションについて



今回は、情報商材や無料オファーで非常に多い

バイナリーオプションについて説明しますね。


バイナリーオプションを説明する前に、

まずはこちらを読んでFXの基本的な理解をしておいてくださいね!

密接に関係していますのでね

FX投資についての詳細はコチラ


*****************************


さて、バイナリーオプションですが、

簡単にいうと、

FXが為替の相場の上下により

利ざやを狙うビジネスなのに対して、



バイナリーオプション

単純に為替の相場が一定時間後に

上がっているか、下がっているかを

予測するものです。




”丁半博打の原理”ですね。



予測が正しければ、

賭けた額のおおよそ1.8倍がキャッシュバックされます







この倍率(ペイアウト率)に関しては

バイナリーオプションサービスの

提供会社や時間帯、ルールなどでも

若干ことなります。



このペイアウト率が二倍の倍率ではないことが味噌で、

丁半なんですが

勝率50パーセントではトータルで勝てないということに注意!



仮に1.8のペイアウト率だった場合は、

長期的にプラスの収益を出すためには

最低でも56パーセント以上の勝率が必要になります。




ちなみに、バイナリーオプション業者によって

・ルール
・倍率・
・一回の最低、最高投資額、
・口座へ最低入金額


等が異なるので要注意です。
このブログでは特定の業者をおすすめすることはしてませんので
悪しからず!





それではこのバイナリーオプションのメリットとデメリットについて見ていきますね

バイナリーオプションのメリット



・損失額をあらかじめ決められる
・短時間で結果が出る(最短30秒)
・ルールが単純で参入自体は楽
・好きな時間にできる
・クイックデモなどで無料で十分に練習ができる
ハイ・ローオーストラリアのクイックデモが有名です)
・為替だけではなく商品先物市場や株式投資なども対象となる


非常に多くのメリットが有り、

簡単に参入できてしまうため

とても人気がある投資です。

この、

”お手軽さ”


が何よりのメリットと言えるでしょう

一見素晴らしい投資モデルに見えるこのバイナリーオプション

しかしながら当然リスクを踏まえたデメリットもあります。

どんな投資、ビジネスにもリスクがありますから当たり前ですよね

サラリーマンにだって大きなリスクがあるように

別に驚くことではありません。あって当然



バイナリーオプションのデメリット



・ギャンブル性が強い
・バイナリーオプション会社による操作※
・バイナリー業者に依存した投資※2
・オールオアナッシング。負けたら掛け金全てがマイナス


※たとえば海外のバイナリー業者なんかの場合、勝ちすぎたりした場合、取引開始が微妙に操作されることがります。
押したタイミングよりコンマ数秒ずれたりすることがあります
※2バイナリー業者が意図的に口座を凍結させたり、強制的に解約されてしまうこともまれにあります


注意点としては、

バイナリーオプションはデモトレードが手軽にできるというのもありますが

あまりこのデモを過信しないほうがいいです

実際に口座にお金を入れた取引と

デモトレード

タイミングが若干異なります

デモトレードのほうが反応が早く

思ったタイミングで取引できるのに対し

実際のお金を入れると、若干”滑ります”

思った通りの価格でやっていれば勝ててたのに・・・・

ということが非常に多いです

最初は都市伝説かと思っていましたが

やってみると本当に多く

これが業者側の捜査なのか

単なる通信状況なのかはわかりませんが(実際にはわかります^^;)

予め頭に入れておいてくださいね

ということで、業者選びはなるべくしっかりとした日本の会社を選びましょう!




バイナリーオプションって儲かるの?



冒頭でもお話しましたが

非常に簡単にできるため

情報商材、高額塾、無料オファーなど

多種多様な案件が日々現れています



そのうちのほとんどが

残念ながら再現性のない

ウソモノの教材であるという事実があり

注意が必要です



カンタンに

・ワンクリックで

・スマホで

・年齢、スキル、一切関係なし

・初期投資額ほとんど必要なし



このようなセールス文句で言葉巧みにあなたに近づいてきます

これらは全て

ウソです!!!!!!!!



・取引開始ボタンをおすのがワンクリックなだけ

・取引はスマホでも出来ますが分析はスマホじゃ無理

・未成年は出来ませんし、FXや株などのチャート分析スキルは必須

・初期投資額は最低でも5万円は必要。それでも月に数万円程度



これが現実です。



チャートを分析する能力を養い

ある程度の資金を持って

チャレンジするべきもの


片手間で誰でも出来るような代物ではありません

その結果、

ネット上ではバイナリーオプションはタダのギャンブルだ!!

なんて言われてしまうんです。


1分や5分で結果が出るため

確かにギャンブル性は強いですが

チャートの知識とバイナリ特有の知識があれば

トータルで勝ち越すことは可能です



まあくんのもとにも

バイナリーオプションのホンモノの商材情報なども勿論届いていますよ

興味がありましたら連絡くださいね



ただ、単純に教材通りで簡単に稼げるものなんて存在しません

ほんとに存在しませんよ??



死ぬ気で基本を勉強し

教材を死中求活の精神で学び切る



そんな人なら必ず

稼ぐことができるようになるはずです(^o^)
----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?



物販ビジネスについて




今回は物販ビジネスについて説明しますね。


物販ビジネスとは?




物販という分野は大昔からある

商売の基本中の基本ですね。



「安く買って高く売る」ですからね。





今後もこの分野が寂れたり

なくなったりする心配はないでしょう。



この分野を極めていけば

時代の流れに大きく左右することもなく

本当に稼ぐ力を身に着けたといえるでしょうね。


まず注意点です。

ここでは本来、完全なオフラインでの物販ではなく
(あなたが問屋さんから仕入れて自分の実店舗で売るような)

オンライン(ネットを使った物販)に絞って説明しますのでご注意ください。




さて、ひとえに「物販」といっても

現代では様々な種類、手法で溢れており

日進月歩でその手法がますます進化していますね。




物販の種類



大きく分けてまずは3項目のカテゴリー分けが存在します。

在庫の有無





①在庫あり
<メリット>
・売れやすい
・手元に商品があるためトラブルが少ない
・価格競争になりにくい
・同じ商品の競合が少ない

<デメリット>
・在庫を抱える可能性がある
・ある程度資金が必要
・リサーチに時間がかかる
・商品が増えると小さい部屋じゃ足りなくなる


②無在庫
<メリット>
・リスクが少ないためリサーチ時間が短く済む
・初期費用がほとんど不要
・トラブルが多い
・商品をおいておくスペースが不要

<デメリット>
・売れにくい
・競合が多く価格競争になりやすい
・数を出さないと売れないため出品作業に時間がかかる
・仕入れ店舗での在庫切れ、価格改定などで赤字になることもある




仕入先と販路





①輸入(海外のECサイト、オンラインショップ⇛日本のECサイト、独自ショップ)
<メリット>
・販路が日本のため、お客様対応等が楽
・商品説明、登録も日本語で簡単

<デメリット>
・海外仕入れのため、言語の壁がある
・ニセモノを買ってしまう
・商品が届くまでに時間がかかる

②輸出
<メリット>
・言語の壁があり参入障壁が高く、実践者が比較的少ない
・実際に仕入れる商品の状態が確認しやすい
・商品が先方に届くまで時間差があるため無在庫がしやすい
・メイド・イン・ジャパンの価値が高く、商品選定が容易
・販路が世界のため、売りやすい

<デメリット>
・やはり言語の壁
・国によって関税の額や、輸出できないものが異なり面倒

③国内転売
<メリット>
・全て日本語でスムーズ
・全て日本なので回転率がいい
・関税もなく、規制も少ない

<デメリット>
・価格差のある商品が少ない
・問屋さんから仕入れる際、個人だと取り合ってくれない
・価格競争になりやすく、薄利多売を強いられる




仕入れ手段





①実店舗仕入れ
<メリット>
・実際に商品を見てキメられる
・フリマなどなら値段交渉等でかなり安く仕入れられることもある
・仕入先があれば競合が少ないため、ブルーオーシャン

<デメリット>
・時間とお金がかかる
・周りの人目が結構気になる
・仕入れ可能な時間、曜日が決まっている
・体力を使う

②オンライン仕入れ
<メリット>
・仕入れた商品が勝手に倉庫まで送られるため楽
・好きな時間に好きなペースで出来る
・完全在宅可能

<デメリット>
・ライバルが多い
・意外と在庫切れが多い
・送料が意外とかかり大きい商品の仕入れが困難
・中古などの場合実際の商品状態がわからない




細かく見ていけばもっとありますが、

主にはこれくらいです。
※新品か中古か仕入れる国とか、要資格か無資格でも可かなどなど




もちろん、上記の限りではないです。

ただ、わたしも概ね全ての転売を経験してますが

そう間違ったことは言ってないです。



そして、

この3項目の組み合わせにより

非常に多くのビジネスモデルが生まれています。



またそれぞれのモデルの中でも

情報販売者ごとにノウハウも違うため

どれを選んだらいいのか

一番困る分野ではないでしょうか?





もっともリスクが少ない組み合わせは?



やはり無在庫が圧倒的にリスクが少ないです。

そして無在庫だと殆どの場合は輸出を選択せざるを得ません。

そういった点から考えると

一番リスクが少なく出来るのは

無在庫輸出



もっと具体的に言うと

Amazonや楽天、ヨドバシなどその他日本の巨大ECサイトで価格をチェックし

eBayなどの相場と比較し、利益が少しでも取れそうなら

ガシガシ商品登録をしていくというモデル



デメリットの部分を各自でなるべく減らす工夫ができるか

また、ノウハウにそういった対処法がしっかりとされているかで

結果は大きく異なります。
※その他のモデルをオススメしないということではありません。
一般的な手法でのリスクが少ないというだけです



良い商材の選び方は?



いい商材というのは

こういった各タイプのメリットをいかに伸ばせるのか

また、デメリットをいかに減らせるのか


そういった目で見ていくと

転売の教材で変なものを掴んでしまう可能性はぐんと減るでしょう。



セールスレターの中で

上記を具体的にうたっていないもの

また、これは物販に関わらずですが

作業の簡単さ

稼ぐ金額の大きさ

即金性


これだけを取り上げているものは

100%稼げる代物ではありません。




いずれにしても、

物販ビジネスは商売の基本中の基本

ビジネスに必要なほぼ全ての能力を

身につけることが可能です。

これから何か始めようと思っている方は

まずは物販を死にものぐるいで取り組んでみることを

オススメいたします。


参考にしてくださいね

----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?



仮想通貨投資について

あなたは仮想通貨という言葉を最近ニュースや新聞、雑誌などのメディアでよく耳にしませんか?

その仮想通貨、なんとなくは知ってるけど・・・

でも一体何じゃラホイ??

という人が実はほとんどなんじゃないでしょうか?

 

ご存じの方もいると思いますがこの仮想通貨

単なる便利な通貨としてではなく

今巷では投資対象として脚光を浴びているんです。



さて、2017年は仮想通貨元年と言われています。

そしていままでは投資というと、株式投資、商品先物取引、FXなどなどが主でしたが、激動の時代、新しい投資対象が生まれているんですね!


これをチャンスと見るか、なんとも思わないかで人生が変わりますよ?

何事も先見の明、チャンスの神様は前髪しかありませんよ?

通り過ぎたら最後、つるっぱげの神様は決して捕まえることは出来ないのです(*´ω`*)



それではいよいよ本題に入りますね。

今回は長いので、文末のまとめだけ読んでもいいですが

そんな人は何をやっても稼げるようにはなりませんよ。



仮想通貨ってナニ?



ビットコインなどの主要な仮想通貨は、

近年ますます世の中に浸透してきてまして、

日本国内でもショッピング時の決済などに利用できるというお店は増加の一途を辿っています。



さて仮想通貨とひとくちで言っても実に全世界でその種類なんと600種類以上と言われ、まさに玉石混交。

いや、95%が詐欺ものだと言われてますから

ほとんどがただの石っころだと思ったほうがいいでしょうね。



仮想通貨とは、国の通貨(日本で言うところの”円”)が国自体がその通貨の価値を保証しているということに対して、

そういった後ろ盾が基本的に存在しない通貨のことです。

公的な発行主体や管理者が基本存在せず特定の国が価値を保証していないのです。



専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。



では信用となりえるもの、

公的な後ろ盾の代わりに何を担保にしているか、

価値に説得力があるのか、そこが各仮想通貨の特徴
にもなってきます。



なかでも注目されているのが仮想通貨ナンバーワンのビットコインの採用するブロックチェーン

これは何かといいますと、「ビットコインの取引履歴」のことです。

絶対に改ざんすることが出来ない技術であり、

それがそのままビットコインの信用にもつながっています。

ナゼ改ざんできないのかの詳しい説明は省きますが、

莫大な取引履歴のデータをチェーン状につなぎ合わせ(前のデータを後ろのデータに含有させる)ることによって実現しており、

三菱UFJフィナンシャル・グループが、

ブロックチェーン技術を国際的な金融取引市場に応用することを標榜する

プロジェクトに参加する22の銀行の1つとなることが公表され、

日本国内でも一気に認知されるに至りました。



このように、ひたすら乱立し管理する法律もなく、

様々な詐欺的な仮想通貨で騙される被害者が増加することで、

問題が表面化してきたところ、やっと関連する法律が施行されました。



2017年4月1日施行の改正資金決済法(通称:仮想通貨に関する法律仮想通貨法ですね。

これまでは、仮想通貨自体が独り歩きしている状況でして、

定義自体も曖昧でしたし、当然アヤシイ仮想通貨を規制するような法律もありませんでしたから、

だれでも仮想通貨の売買や代理店販売といったことを有象無象が出来てしまいましたから、

様々な問題が生じていたわけですが、これにより健全な取引が可能となります。




厳正なチェックを受けないことには法律違反となってしまいますからね。



具体的には金融庁、財務局にて登録をしなければ

仮想通貨全般のビジネスをやってはいけなくなりました。

登録が義務付けられているんですね。

むろん、登録していない業者が、仮想通貨に関するビジネスを行ってしまった場合、

お縄になりますよ。

逆に言うと、この法律のフィルターをしっかりと通った仮想通貨は、

いわゆる”国のお墨付き”となりますから、

価値も上昇していく可能性が非常に高くなるというのはわかりますね?





以下に仮想通貨の定義を転載します。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
 



資金決済法の改正の成立前、

仮想通貨は「通貨」ではなく「モノ」という扱いでした。

仮に今までのように仮想通貨がものであったならば、

当然規制対象には出来ずに犯罪の横行が続くことになるのはもちろん、

仮想通貨を通貨として認めることで金融庁が監督官庁になり、管理するようになりました。



そして、現時点で仮想通貨は、購入時・利用時の2回ともに消費税が課されていますが、

ものではなくなり通貨として認められた正式な仮想通貨には、

2017年7月からは、

”認可された仮想通貨”として、取得の際に消費税がかからなくなりました。



米・英・フランスといったG7(主要7ヵ国)の中で、仮想通貨に消費税がかかるのって日本だけですからね。

足並みを知ろえる必要性もあるわけですよ。


仮想通貨に係る課税関係の見直し
① 資金決済に関する法律に規定する仮想通貨の譲渡について、消費税を非課税とする。
② その他所要の措置を講ずる。
平成 29 年 7 月 1 日以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入れについて適用する。
上記の改正前に譲り受けた仮想通貨について、個別対応方式により仕入控除税額を計算する場合の仕入区分は、「課税資産の譲渡等にのみ要する課税仕入れ」に該当するものとする。
 


このように、仮想通貨が非課税となることによって、

利用者の急激な増加→通貨価値の増加

といった流れも想像に難くなく、

投資対象としても先行きは明るいものという予想ができますね。



仮想通貨投資のメリットは?

 

まず、以前にビットコインを買った人たちの多くが、

今は億万長者になっているということ、

近年でも主流の仮想通貨の値上がりで資産が数百倍になった人など、

かなりの人が美味しい思いをしているということ、これらは全て事実です。

 

それくらい今は仮想通貨は可能性があるのです。

しかしながら誰でも彼でも億万長者になれるものではなく、メリットとデメリットも当然有るんです。


まずはメリットから。

<<リスクヘッジが可能>>

海外ではリスクヘッジとして買われることが多いです。

どうゆうことかといいますと、国が管理する公的な通貨は通常、

その国家の経済状況や社会情勢、世界情勢などの影響が非常に大きく、

最悪のパターンですと、その国が財政危機、・金融危機に陥りますと、

通貨もその国と心中しなくてはなりません。

価値が殆どなくなってしまうことも考えられなくはないのです。

仮想通貨は自国や自国の銀行に依存せず、価値を維持できるといった特徴から、

情勢の不安定な国(中国とか)の富裕層はたくさんの仮想通貨を買い漁っているというわけです。



実際にも、世界規模の経済危機があった際、

ビットコインなど富裕層を中心にリスクヘッジで大量に購入した結果、

その通貨の価値が激増したといった事実もあります。

昨今ではイギリスのEU離脱の件などです。


<<新しい投資対象であり、爆発的に価値が上昇する可能性がある>>

有名なビットコインは今30万円の価値があり、

一桁の時に購入した人は今では億万長者

ウン十億という遺産を苦もなく築いています。

仮想通貨2番手のイーサリアム50倍以上の価格が上昇し、

他の既存の投資と比較してもこれほどの利益効率があるのは他にはないでしょう。

そして今は第三の通貨リップルがその流れにあり、

価格も何十倍と高騰している現実があります。

<<>発行上限が決まっていて、出回るほど希少性が増す>>

各仮想通貨ごとに発行枚数に限度があります。

ちなみにビットコインは2100万コイン。

その有限の通貨が世に出回れるとナニが起きますか?

そうですね。希少性があがり、その仮想通貨自体の価値が向上する可能性が高くなります。

<<ボラリティ(値動き)が高い通貨が多い>>

1日で乱高下しますから、短期のスパンで大きく利益を出すことも可能です。

短期トレードをするには適しています。




仮想通貨投資のデメリットは?

 

仮想通貨の場合、メリットとデメリットが紙一重でして、

同じものが局面によってはメリットとなりデメリットにもなりうるというもの。

そのことを忘れないようにしてくださいね。


<<セキュリティが希薄>>

これはあくまで法律が施行される前のお話。

よく言われるのが、セキュリティーが非常に大きな問題で

ハッキングなどによって安心して運用できる代物ではありませんでした。

しかしながら今後は怪しい仮想通貨は存在できなくなりますし、

前述のブロックチェーン技術などの登場によって、

主な仮想通貨に関してはこういったデメリットは皆無と言っていいでしょう。



<<ギャンブル要素(投資<投機)が強い>>

仮想通貨はまだまだ価格が不安定でして、

非常に価値のボラティリティ(ムラ)が大きいです。

1日で数千円とか、為替が1日で1円動くかどうかというのと比べ、

数円単位で動くのは日常茶飯事です。

大きく利益を出せる反面、一気に価値を失うというリスクも多分に含んでいます。


<<国が通貨価値を保証していない(担保がない)>>

公的に通貨として承認していないため、

知らない人に間違って送金しても、価値が大暴落しても、、パソコンがウィルスに感染してしまっても、

ナニがあっても全ては自己責任だと言うことです。


仮想通貨は儲かるのか



  

死ぬ気で勉強すれば利益を出すことはそう難しくはありません。

むしろこんな時代に生まれたからには勉強してみる価値は十分にあると思います。



いくつかの利益の出し方があるとは思いますが、ビットコインのケースから考えてみます。

<<大々的な取引開始前のプレセールを狙って、割引価格で購入し、取引開始とともに数倍から数十倍に上がったところを売って利確する方法>>

この場合の注意点は、世界的にどれくらいの注目度があるか、

仕掛け人は誰か(どの法人か)などの事前の話題性を常にアンテナを張って見極める必要があります。

<<異なる取引所間でのアービトラージ(裁定取引)>>


理論上アービトラージとは必ず利益が出せる手法です。

ある仮想通貨を、異なる取引所で取引することがあるため、

取引所ごとで価格が微妙に異なることがあります。

1の取引所でAという通貨を100円で購入し、2の取引所でAを110円で売る。

こういったことがまだまだ流通数の少ない仮想通貨であれば可能なケースがあります。

しかし今では国内ではそのようなことは難しく、海外のマイナー通貨でしかなかなか条件が揃いません。




他にも様々な詐欺的な手段で儲けようとする輩がおり、

まったくもって油断ならない分野ではあるこの仮想通貨投資ですが、

今後はこのような胡散臭い連中も参入ができなくなりますので淘汰され、

健全な市場が形成されていくようになるでしょう。


仮想通貨投資のまとめ

 

まあ、長くなってしまいましたが、

ようするに仮想通貨法ができ、

今後は群雄割拠だった600種類の仮想通貨たちの淘汰が始まるということです。



そのあたりの見極めが仮想通貨投資で利益を出せるかどうかの分かれ道になってきます。

国に認められた仮想通貨は”お墨付き”と言うかたちで国内で絶大な信用とともに、価格は高騰し、そうでない仮想通貨は詐欺コインとして消滅していく。

私たちは当然ですが
そのような消えていく仮想通貨を掴まないようにしなくてはいけません。

そのためにできること。

それは残念ながら他の投資、ビジネスと同じで日々猛烈な勉強をするしか無いのです。

仮想通貨はこのように一攫千金の状況だけに、

あなた達を騙そうとする輩が大勢います。

名前のある有名な人だからと言って信用してはいけません。

投資ですので、人に委ねることはせず、必ずあなたの熟考の上での判断でお願い致します。

その上で、無料オファーやネットの情報を補助的に使うというスタンスが一番良いです。


以上が現状の仮想通貨についての簡単な説明になります。


仮想通貨法自体が確かにまだまだで、

税金の取り扱いなどこれから煮詰まっていく部分が多いのも否定できません。

最悪場合によっては、もう仮想通貨禁止!!

なんてことを国に言われてしまうこともあるかもしれないんですね(現実的にはありえませんが)。

でも、そういった新しい分野だからこそ夢がもてませんか?



この仮想通貨元年にこうして私のブログを見ていることを幸運と思うか、なんとも思わないか。


当然まあくんのもとには確かな仮想通貨の情報も入ってきています。決断はアナタ次第です。
(勿論投資ですから必ず儲かりますということをお約束することは出来ませんのでネ。)
----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?



FX投資について

FXってもちろんご存知ですよね?

このブログに辿り着いている時点で私はあなたを勝手に、ファイナンシャルリテラシーの高い方だと思っています。



ですから、FX??なんぞ、ソレナンゾ!!!

とテンパってしまうような方はおられないと思いますので簡単に説明できればと思いますね。





そもそもFXに限らず、日本でも副業やサイドビジネス、

といったものが世間的にも認知され始めたのはごく最近ですね。


興味や関心のある若者が増え、非常に様々なビジネスモデルがそこで誕生しました。

まさに情報商材の黒歴史時代にもなりますが、

当時はネットを使ったビジネス自体がまだまだ怪しいものという認識が非常に強かったのです。


まだ当時投資といえば、株式投資や投資信託などが一般的でしょうし、

そもそも貯金が全てという時代でしたから少しでもギャンブル性の強いネットを使ったビジネス諸々は受け入れられずにいました。




そんな中、いち早く市民権を得たのがFX投資です。

元々日本は株式投資や商品先物取引といった、

取引所での売買での損益を楽しむという土台ができていたのも要因ですね。



その後もこのFX投資の人気はどんどん上がりまして、今では不動の地位を築くまでになりました。

・割りと気軽に参加でき
・低資金からでも簡単に始められること
・ハイリスクハイリターン
・24時間取引可能
・パソコン1台でできる


こういった理由から近年、サラリーマンとか主婦にいたるまで、お小遣い稼ぎや副業という形でぐんぐん浸透していきました。


そもそもFXってなに?


  
それではそもそもFXってなんでしょうか?
 
FXとは「Foreign Exchange」の略語でして、外国為替のことです。



仕組みとしては、

例えば日本円でドルを両替することをイメージしてみて下さい。

その時は100円で1ドル分両替ができたとしますね。

それで、今度はそのお金を日本円に戻すことを考えてみてください。

旅行から帰ってきた時の感じです。

そのときには1ドルで120円両替ができるようになってたとしますね。

するとどうでしょう。

100円で両替したものが、120円になって帰ってきましたね。
(実際にはFX会社であったりでは取引時に手数料というものを払わなくてはいけませんので、差益分がそのまま利益になるということではありません。)


 


このようにある特定の2国間で通貨を取引し、

その為替レートによって生じる為替差益で利益を目指す取引をFX
と言うんですね。


 
ただ、実際に勿論両替なんかする必要はなく、

通貨を売買する専用の取引所「外国為替証拠金取引」でFX会社であったり証券会社と言ったところに事前に預けておいた証拠金を元にリアルタイムで売買するというイメージですね。

 

FX投資のメリットは

 

上でも書きましたが以下になりますね
  

・割りと気軽に参加でき
・低資金からでも簡単に始められること
・ハイリスクハイリターン
・24時間取引可能
・パソコン1台でできる
・手数料が安い
・売りからも買いからも利益を出せる(上がっても下がっても利益を出せる)
・スワップポイントが得られる。



低資金でも、レバレッジと言って持っているお金の25倍までの取引をすることが出来ます。

当然ハイリスクハイリターンになりますが、適切なリスク管理によってはとても有効ですね。

海外の会社ではなんと400倍とか1000倍とかのところもありますね。

こわいっすね~。


 

また、忙しいサラリーマンでもある程度好きな時間にデキルということもとっても大きなメリットです。


最後のスワップに関しましては簡単に説明しますね。

通貨というのは各国で設定する「金利」というものがあります。

たとえば新興国なんかですとこの金利がものすごく高いんですね。

仮に金利1%の国と15%の国があった場合、14%も金利の差があります。

持っている通貨の組み合わせによって、この金利の差額分が定期的にもらえてしまうんですね。

ただ、これを狙った投資はこのページの趣旨ではありませんので詳しくはFXの書籍なんかをご覧になってくださいね。



FX投資のデメリットは

 

なんといってもメリット欄でも書いた、ハイリスクハイリターンでしょうね。

これはメリットにもデメリットにもなり得るということです。

初心者のうちはしっかりとデメリットとして認識しておく必要があります。

資金管理のしっかりと出来ていない、また勉強もせずになんとなく手を出すような人はこれで破産します。

高レバレッジで取引し、相場の乱高下によってあ預けていた証拠金以上のお金を請求されるリスクが有るためです。

計画性を高め、限りなくリスクを抑えた取引をすることによって、

そのようなことは抑えられますが、そうでない人は一発退場となり、

そのような人の言葉によって、

FXはギャンブルだ!


なんてことが世間一般に広まっているんですね。


あとは資金を入れている業者の倒産です。

これは海外だと意外と多く、事前によく調べて信頼のできる会社を選ぶことが重要です。

保全措置をしっかりと取っている会社を選べば安心です。




FXは儲かるのか?

 

これはどんなビジネスでも同じですが、簡単に儲かるものはありません。

死に物狂いで勉強し、考えに考え抜いたものだけが勝てる世界。

ただ闇雲に


上がりそうだから買っとくか


なんて人はゼッタイに儲からないです。




予想の仕方は大きく分けて2通りあります。

1つはファンダメンタルズ分析

もうひとつはテクニカル分析です。

前者は、世界情勢をよんで上がるか下がるか予想するもの。

テクニカル分析は主にチャートを見て法則性に沿って投資していくもの。

主流はテクニカル分析です。

このテクニカル分析の中に既にニュースなど一般層に知れている社会情勢などは”織り込み済み”だと言われ、あまり前者は重要視されていません。



ファンダメンタルズ分析で大きな流れを理解し、

その流れに沿ってテクニカル分析で予想する、

といった形で両方を効果的に取り入れる手法がオススメです。





FXに関しては非常に多くの無料オファー、情報商材、高額塾が出回っており、

詐欺まがいのものが跡を絶ちません。


・かんたんに
・不労所得
・100%
・寝ている間に


などの胡散臭いワードが出たらアヤシイですよ。



FXのホンモノ商材の情報も当ブログにはいくつか入ってきておりますので、

下のフォームからお気軽にご相談くださいね。
----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?



Copyright © 副業よろず相談所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます