今回は物販ビジネスについて説明しますね。


物販ビジネスとは?




物販という分野は大昔からある

商売の基本中の基本ですね。



「安く買って高く売る」ですからね。





今後もこの分野が寂れたり

なくなったりする心配はないでしょう。



この分野を極めていけば

時代の流れに大きく左右することもなく

本当に稼ぐ力を身に着けたといえるでしょうね。


まず注意点です。

ここでは本来、完全なオフラインでの物販ではなく
(あなたが問屋さんから仕入れて自分の実店舗で売るような)

オンライン(ネットを使った物販)に絞って説明しますのでご注意ください。




さて、ひとえに「物販」といっても

現代では様々な種類、手法で溢れており

日進月歩でその手法がますます進化していますね。




物販の種類



大きく分けてまずは3項目のカテゴリー分けが存在します。

在庫の有無





①在庫あり
<メリット>
・売れやすい
・手元に商品があるためトラブルが少ない
・価格競争になりにくい
・同じ商品の競合が少ない

<デメリット>
・在庫を抱える可能性がある
・ある程度資金が必要
・リサーチに時間がかかる
・商品が増えると小さい部屋じゃ足りなくなる


②無在庫
<メリット>
・リスクが少ないためリサーチ時間が短く済む
・初期費用がほとんど不要
・トラブルが多い
・商品をおいておくスペースが不要

<デメリット>
・売れにくい
・競合が多く価格競争になりやすい
・数を出さないと売れないため出品作業に時間がかかる
・仕入れ店舗での在庫切れ、価格改定などで赤字になることもある




仕入先と販路





①輸入(海外のECサイト、オンラインショップ⇛日本のECサイト、独自ショップ)
<メリット>
・販路が日本のため、お客様対応等が楽
・商品説明、登録も日本語で簡単

<デメリット>
・海外仕入れのため、言語の壁がある
・ニセモノを買ってしまう
・商品が届くまでに時間がかかる

②輸出
<メリット>
・言語の壁があり参入障壁が高く、実践者が比較的少ない
・実際に仕入れる商品の状態が確認しやすい
・商品が先方に届くまで時間差があるため無在庫がしやすい
・メイド・イン・ジャパンの価値が高く、商品選定が容易
・販路が世界のため、売りやすい

<デメリット>
・やはり言語の壁
・国によって関税の額や、輸出できないものが異なり面倒

③国内転売
<メリット>
・全て日本語でスムーズ
・全て日本なので回転率がいい
・関税もなく、規制も少ない

<デメリット>
・価格差のある商品が少ない
・問屋さんから仕入れる際、個人だと取り合ってくれない
・価格競争になりやすく、薄利多売を強いられる




仕入れ手段





①実店舗仕入れ
<メリット>
・実際に商品を見てキメられる
・フリマなどなら値段交渉等でかなり安く仕入れられることもある
・仕入先があれば競合が少ないため、ブルーオーシャン

<デメリット>
・時間とお金がかかる
・周りの人目が結構気になる
・仕入れ可能な時間、曜日が決まっている
・体力を使う

②オンライン仕入れ
<メリット>
・仕入れた商品が勝手に倉庫まで送られるため楽
・好きな時間に好きなペースで出来る
・完全在宅可能

<デメリット>
・ライバルが多い
・意外と在庫切れが多い
・送料が意外とかかり大きい商品の仕入れが困難
・中古などの場合実際の商品状態がわからない




細かく見ていけばもっとありますが、

主にはこれくらいです。
※新品か中古か仕入れる国とか、要資格か無資格でも可かなどなど




もちろん、上記の限りではないです。

ただ、わたしも概ね全ての転売を経験してますが

そう間違ったことは言ってないです。



そして、

この3項目の組み合わせにより

非常に多くのビジネスモデルが生まれています。



またそれぞれのモデルの中でも

情報販売者ごとにノウハウも違うため

どれを選んだらいいのか

一番困る分野ではないでしょうか?





もっともリスクが少ない組み合わせは?



やはり無在庫が圧倒的にリスクが少ないです。

そして無在庫だと殆どの場合は輸出を選択せざるを得ません。

そういった点から考えると

一番リスクが少なく出来るのは

無在庫輸出



もっと具体的に言うと

Amazonや楽天、ヨドバシなどその他日本の巨大ECサイトで価格をチェックし

eBayなどの相場と比較し、利益が少しでも取れそうなら

ガシガシ商品登録をしていくというモデル



デメリットの部分を各自でなるべく減らす工夫ができるか

また、ノウハウにそういった対処法がしっかりとされているかで

結果は大きく異なります。
※その他のモデルをオススメしないということではありません。
一般的な手法でのリスクが少ないというだけです



良い商材の選び方は?



いい商材というのは

こういった各タイプのメリットをいかに伸ばせるのか

また、デメリットをいかに減らせるのか


そういった目で見ていくと

転売の教材で変なものを掴んでしまう可能性はぐんと減るでしょう。



セールスレターの中で

上記を具体的にうたっていないもの

また、これは物販に関わらずですが

作業の簡単さ

稼ぐ金額の大きさ

即金性


これだけを取り上げているものは

100%稼げる代物ではありません。




いずれにしても、

物販ビジネスは商売の基本中の基本

ビジネスに必要なほぼ全ての能力を

身につけることが可能です。

これから何か始めようと思っている方は

まずは物販を死にものぐるいで取り組んでみることを

オススメいたします。


参考にしてくださいね

----------------------------------------------




インターネットビジネスに取り組みたいと考えている方の多くは

生活に何かしらの問題を抱えた方なんだと思います。

だって、普通の会社でサラリーマン、OLをやっていたほうが遥かに楽ですからね。

それでも楽ではないこの世界に足を踏み込もうとしているのですから

私は応援したいですし、力になりたいです。

まあくんも同じような悩みを経て、今に至っていると思いますから。


わたしの境遇は☆コチラ☆

一人で孤独に作業していたり、悩んでいて困っている場合は、

いつでも気軽にご相談くださいね。24時間以内の返信を心がけています。

TAG index



名前:

メール:

件名:

本文:

何かしらの理由があって

今すぐ相談できない方は

ビジネス書や自己啓発などの分野で高評価を得ている数々の名書を

まあくん
が独自の言葉でわかりやすく噛み砕いてまとめています。

私がお役に立てないのならせめてこのコンテンツが

あなたのお役に立ちますように


成功できる人と成功できない人の違い

お金について考えてみませんか?